2011年07月15日

特別編2 上半期ベストテン後編

 実はこちらのポッドキャストはitunesにも登録していて、itunes music storeで検索していただいてもヒットするんですが、前回アップした上半期ベストテンのうち前編しかそっちの登録がないようなのです。もしかしてブログの記事一つにつき一つのポッドキャストしか連携しないのかな? もしそうなら困るのでこちらの記事をアップいたします。



 『三平映画館上半期ベストテン後編』です。下の記事にある2本目と全く一緒です。もし同じのがitunesにあがってしまった場合、大変お手数ですが削除してくださいね!

 こうして恥も外聞もなくつたない喋りを騒音にまみれた形でお送りするのも非常に心苦しいところがありますが、実際自分で聴いてみてびっくりしたんですよ。自分の話し声ってそもそも誰もが気持ち悪いと言います。しかし、それを抜きにしてもオレの話ってひどいですよね。エガちゃんとかジミーちゃんのくくりに入るたどたどしさじゃないですか。つっかえつっかえ話しているのを聴いているととても疲れて聴くの途中でやめました。

 そうは言っても始めた以上やめませんが! そういうものだと思ってお聴きいただけたら幸いです。
posted by 古泉智浩 at 22:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 特別編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月06日

特別編1 三平映画館上半期ベストテン

 これまでの3本が人気映画かと言えば、むしろ逆向き傾向にあったこともあり、急遽特別企画で2011年上半期映画ベストテンを開催しました。オレと川崎タカオさんが交互にベストテンを発表していくんですが、かなりネタバレもしてしまっていて、特に川崎さんが見た香港映画が新潟で未公開だったためオレは全く見ていないのでオレ自身「うわ〜それ言わないで〜」と困惑してしまうくらいネタバレがあります。

 順位は聴いてのお楽しみで『ソーシャルネットワーク』『ザ・タウン』『グリーンほーネット』『ブラックスワン』『孫文の義士団』『マッド探偵』『八日目の蝉』『マイバックページ』『X-MENファーストジェネレーション』『スプライス』『バーレスク』『ザ・ファイター』『イップ・マン 序章』などについて話しております。

 ネタバレを気にしない人、どうぞお聞きください! この姿勢も問題なんですけどね。

 今回はアックス夏祭りのオープニングパーティの前に表参道の中華屋さんで収録しました。いつも以上にガヤガヤしていて、こういうのも改善すべきだと思うのですが、そうは言っても手間が掛かるとやる気もなくなるじゃないですか。まずは当分この調子でやろうと思います。

 でも、いつもそうでもない映画について話していましたが、こうして上半期ベストの10本について話すのは本当に楽しかった。やっぱりいいものを心ゆくまで褒めたい! 下半期ベストテンもしないとバランス悪いでしょうか?あんまり聴かないですけどね。下半期ベストテンって大抵その年の総合ベストテンに組み込まれてしまうんですが、やるかどうかは12月くらいに考えます。





 ご意見ご感想、一切いただいたことがないですが拒否しているわけではありません。ぜひお寄せください!
 
 毎回オープニングとエンディングに音楽を付けているのですが、今回は特別編ということでzombienience store(ゾンビニエンス・ストア)さんのライブ演奏でした!
posted by 古泉智浩 at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月03日

第3回『デンデラ』

 こんにちは、今回は天願大介監督の『デンデラ』です! この映画はほぼ老婆しか出ないという意欲的な作品でしかも入場料が千円均一という財布に優しい料金設定です。ところがこの料金にも関わらず、映画の日に見るという逆に贅沢セレブのような、というか映画の日のうま味が一切ない行為に及んでしまいました。というのもオレと川崎さんで見ていなくて、新宿で上映している作品を選ぶと非常に限られてしまうんですよ。7月1日に見たのですが、この日から公開の『ハングオーバー2』は川崎さんは試写会で見ていて、他の『スーパー8』『127時間』など面白いのはオレが新潟でとっくに見てしまっていたのです。なので、このセレクトは一体なんだと、敢えて文句を言いたくて、うがった目線で選んでいるのかと思われても仕方がない並びとなっているのはそういう理由です。実際問題、200人もの皆さんに登録していただいているのに、多くの人が好んで見る映画が一本もないのでは、ポッドキャストの人気も上がらないじゃないですか。困っているのは我々です。そして面白い映画を見て、おいしい料理を食べたい!



 お客さんはお年寄りが大半でしたよ。オレの斜め前に座ったのは、若い男の客だったんだけど、上映開始後1時間くらいずっと携帯を見てました。傑作映画だったら猛烈に腹が立つのですが、まあいいかなと思いました。これではあんまりなので、『デンデラ』を見る前に一人で『ハングオーバー2』を見たんですけど! 


posted by 古泉智浩 at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 三平映画館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする