2011年11月16日

新潟版8 サイゼ映画館『ミッション:8ミニッツ』

 新潟のユナイテッドシネマで『ミッション:8ミニッツ』を見ました。公開より日数が経過しておりますが、公開翌週の月曜日に見て、ぐずぐずしているうちにすっかりUPするのが遅くなってしまい失礼しております。でも、あんまり頻繁に更新しても聴くの面倒くさいですよね。「見てから聴こう」なんて思ってくださっている人もいるかもしれません。1週間くらい経ってしまいましたが、新潟でもけっこうお客さん入っていましたよ。



 今回の映画はけっこう設定がややこしくて、お話の構成要素が緻密で、それでも見終わったら「ああ面白かったな〜」と満足していたのですが、サイゼリヤで話しているうちに見落としていた要素に気づかされました。こういう映画こそお友達と見に行って、見終わってからああだこうだと話すのが楽しい映画なんじゃないかな! 我々のぼんやりした解釈に「違うよそれは!」なんてイライラしている人もいるかもしれません。お気づきの点がありましたらぜひコメント欄などで教えてくださいね。

 さて、以前より度々サイゼ映画館に出てくれている瀬波くんは、本当は南という名前で軽くひねって瀬波という変名を使っていましたが、散々オレが間違えて「南くん南くん」と呼んでしまうため今回より本名で行くことにしました。今後とも南くんをよろしくお願いいたします。

 音楽は毎回お世話になっている32方位さんの『海岸(03-01)』というとても美しい曲で、今回の映画の印象にけっこう合っているんじゃないかな。32方位さん、どうもありがとうございます!

 音楽は、人様のライブで勝手に録音して、ご本人に使わせてくださ〜いなんてお願いしたこともあったのですが、使われるの前提で演奏してないじゃないですか、嫌だったかもしれないので最近はバンドの人にいただいたりする際に、お願いすることにしました。ジャスラックに登録してない音楽なら大丈夫なんですよ。それがない時は、オレが自主映画用に作った屁みたいな音楽、フィーバーズで以前に作った音楽を使っております。音楽があった方がラジオらしくていいと思っているんですよね。
posted by 古泉智浩 at 06:36| Comment(1) | TrackBack(0) | 新潟版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする