2012年03月09日

特別編18新潟で見た『サウダーヂ』

 『サウダーヂ』はウィークエンドシャッフルでも去年の映画ベストワン、映画秘宝でも17位で、大評判だったため三平映画館でもやったのですが、コンディションの調整に失敗して寝てしまうという失態をして川崎タカオさんにも迷惑を掛けました。

 そんな『サウダーヂ』が4月から新潟シネウインドで上映されるのに先立って先行上映に行ってきました。自主映画監督の宇佐美基さんと元自称プロレスラーである坂井良宏さんと3人で見ました。坂井さんはこの映画のシナリオを担当された相澤虎之助さんと大学の映画サークルの後輩だったそうです。ちなみに坂井さんと宇佐美くんは同じ高校の同級生です。宇佐美くんも同じ早稲田大学で、オレだけ関係ありません。



 今回はきちんとコンディションを整えて行ったので全く眠くならず2時間40分最後まで楽しく見ましたよ。今回のラジオでは坂井さんにシナリオの相澤さんについての思い出など貴重なお話を伺ってもおります。いつもとはちょっと違う感じで、ちょっと長めですがぜひお聴きください!

 前回の川崎タカオさんと話している『サウダーヂ』はこちらです。

 音楽は笹口騒音ハーモニカで『eiga』という曲、これぞ映画!それこそ郷愁溢れる名曲です。どうもありがとうございます!
posted by 古泉智浩 at 17:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 特別編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする