2012年03月31日

新潟版14サイゼ映画館『TIME』

 今年はこれから見たい、見ずに死ぬのは嫌だ、とわくわくするような映画がないんですよね。去年は『カウボーイ&エイリアン』が超楽しみでした。結果的にはスカだったんですが、それでも早く公開してくれないかな〜とじれったい気持ちにさせられるのも含めてとてもわくわくしたんですよ。今年もあったんでした『ドラゴンタトゥーの女』でももう終わっちゃった。期待通り素晴らしい映画でしたが、去年はもっとたくさんあったんですよ。『ブラックスワン』とか『X-MEN』とか、今年は楽しみなのはせいぜい『アメイジングスパイダーマン』くらいですよ。『アベンジャーズ』や『バトルシップ』なんか大怪我しなきゃいいなくらいの期待度です。

 そうは言っても大作以外では楽しみなのはあって、それに結局そっちの方が好きでもあるんですよね。

 そんなわけで今回はスルーでいいかなと思っていたら意外と評判がよかったので今日で新潟は上映終了なんですが南くんと一緒に『TIME』見てきました。みなさんご覧になりましたか? 予告がいかにもお絵かきみたいなアクション映画っぽくてとても面白くなさそうだと思いました。映画の面白さはさておき、とても語って楽しい映画でしたよ。話題に事欠かなさは今年一番だったかもしれないです。30分があっという間でした!



 そんな『TIME』で我々はどんなデザートを食べたでしょう?

 それにしても今全然面白そうなのやってないんですよ。『シャーロックホームズ2』なんてガイリッチーにお金払って見たくないですもんね。新潟の皆さんはTジョイで『哀しき獣』見たほうがいいと思います。

 音楽は笹口騒音ハーモニカの『たとえば僕が売れたら(カシオデモ)』のカシオデモの部分があまりにかっこよかったのでそこを使わせていただきました。歌の本編もとてもいいんですよ。いつもありがとうございます!
posted by 古泉智浩 at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 新潟版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする