2012年06月24日

特別編23 池袋花まる映画館『ソウル・サーファー』

 毎月第二・四水曜日に池袋コミュニティカレッジという市民教室で、初心者向けのマンガ教室をしています。最近、その生徒さんと昼間映画を見てその後マンガ教室をするという流れになっております。オレが新潟や東京でも空いている時間に見たい映画は見てしまっていて、しかも池袋のシネコンは至極まっとうな作品が多くて、あえて池袋で見なければならないようなのはあまりないんですよ。そんなに見たい感じもない中で選ばなくてはらなくて、要するに自分から積極的にチョイスしない作品を見ております。『ブラック&ホワイト』『ファミリーツリー』ときて今回の『ソウル・サーファー』で、これまでどれもとても面白い映画でした。こんな機会がなかったら見逃したであろう映画でした。

 その中でも今回『ソウル・サーファー』はこれまで3本の中でも屈指の傑作で、特別編なのでもう言ってしまいますが、この夏絶対に見るべき映画ナンバー1なのは間違いありません! そんなつもりなかったのに、あまりに感動しすぎてこうして感想ラジオを思わず録らずにはいられなかったというわけです。



 マンガ教室の生徒さんそっちのけで弟子の村田貢司くんと話しております。生徒さんの白石さんと吉田さんもちょっと話してくださいました。本当に失礼しました! マンガ教室の皆さん、また来週も何か行こうね!

 音楽は、難波meleが誇るかっこいいパンクバンド円盤少女、とてもポジティブな気分になれて『ソウルサーファー』にぴったりの曲!『バンバンバン』を使わせていただきました。どうもありがとうございます!
posted by 古泉智浩 at 02:53| Comment(3) | TrackBack(0) | 特別編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする