2011年08月28日

新潟版2 マクド映画館2『メカニック』

最近ではもう映画を見に行ったら、せっかくだから感想を録音しないともったいないというような気分もあるんですが、のべつまくなしでやるのもどうかと思います。しかし、とんでもなく面白い映画を見てしまったと言うなら話は別だと思いませんか! そんな映画がジェイソン・ステイサム主演、サイモン・ウェスト監督作品『メカニック』です! アクション映画だけで言えば今年のベストじゃないですかね。アクション映画以外で言っても現時点でベスト5には確実に入る傑作で、まさに今見る映画はこれだと断言できる!……と言ってもまだ『ピラニア3D』見ていないので断言とまでは言えないかもしれませんが、とにかくご覧いただくべき映画です!

 そんな映画を新潟で最も数多くありとあらゆるアクション映画を見ている男、瀬波くんと見てきました。彼はアクション映画のどんな脇役でも過去作品をズバリ指摘する男なのですが、この映画の脇役はさっぱり分からないそうで、すなわち主役級のキャスト以外はあんまりお金が掛かっていないんじゃないでしょうか。それくらいアクションに力を注いでいるんじゃないかな。とにかくアクションだけで言えば、本当に渋くて生々しくてかっこいいんですよ。



 実験的に録ってみたので、いつもより若干短めです。映画が素晴らしかった分批判で盛り上がるところもなかったんですよね。ただベタ褒めしてるばっかり! 

 今月はなんだかんだで5回も更新してしまい、粗末な話を聴くのも大変なんじゃないでしょうか。実に申し訳ありません。よっぽどの事がない限りこんな事はしないので安心してください。とにかくそれだけ『メカニック』が素晴らしかったって事なんです! 新潟ではもうユナイテッドの上映は終わってしまったのですが、小新のワーナーでは上映中です。いつまで上映しているか分からないので今週中に絶対行ってください。

 ただびっくりするのがこの映画の評判ですよ。みんな大絶賛の嵐かと思えばそうでもなく、6:4の4くらいで批判がけっこうあるんですよね。ジェイソン・ステイサムってだけでB級扱いしているような論調もあり、なんだよそれって思います。これまでの彼のネジの緩んだような映画といかに違うか分からないのかよ! 文句を言うためにわざわざ映画館に行っているのか、株主優待券が余ったから嫌々見に行っているとでもいうんでしょうか?

 おかしいだろアクションが地味だとか、そこがかっこいいのに! ジョン・ウーみたいな見事にドラマチックな絵画のような構図のアクションなどが好きなのかな、そういう人は。オレはそういうの凄くつまんないんですよね。かっこいいアクションで何の争いも描いていないみたいなの、踊りじゃないか!踊り! オレは断固としてそういうのに否と言い続けたいんです。

 今回も32方位さんのアルバム『テープとスペクター』より『真夜中のベイビー』をOPとEDに使わせていただいております。素敵な音楽ありがとうございます!
posted by 古泉智浩 at 02:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 新潟版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック