2011年11月04日

三平第8回『モンスター上司』

 前回、花くまゆうさくさんがお勧めしてくださった『モンスター上司』をメンズデー千円の日に、シネマート新宿で見ました。今回も川崎タカオさんは多忙だったので、お世話になっている城定秀夫監督に出演をお願いしてみたところ、ちょうどその日は暇だったそうで出てくれました。暇ってことはないかもしれません、わざわざお時間を作ってくださいました。

 シネマート新宿の大変立派なスクリーンでとても見ごたえがありましたよ。ところが、千円メンズデーなのにお客さんはスカスカというかガラガラでした。はっきり言って『モンスター上司』なんて「オバタリアン」みたいな用語じゃないですか、とても面白くなさそうで、オレも花くまさんに教えていただかなかったら絶対に見なかったです。内容は、お聴きいただくとしてもガラガラで放っておいていいような映画ではありません。



 途中、オレの原作マンガを城定監督に映画化していただいた宣伝の話になって、それが本当にだらだらした雑談みたいなので場合によっては早送りしてください!

 お聴きいただく前になんですが、今年のコメディで言えば『ハングオーバー2』よりずっと面白くて大笑いしましたよ! 絶対に見に行った方がいいです。

 今回の音楽は世田谷ピンポンズさんの『パラダイスキス』です!とても素敵なバンドで、この前のコミティアでCDをいただいたので早速使用させていただいております。

 それでは次回、いよいよ川崎タカオさんが帰って来ます!お楽しみに!
posted by 古泉智浩 at 05:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 三平映画館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、古泉先生の4コマ漫画教室に通っている者です。
「モンスター上司」爆笑できる映画でしたよね、東京1館でしか上映しないなんてもったいないと思います。タイトルに全く魅力を感じないからでしょうか?
原題のHORRIBLEは「ホラー」の変化形だそうで(映画会社の方談)、そこから「モンスター」になったようですが、どちらも映画の面白さは伝わりにくいですね。
コリン・ファレルがリストラ候補者につけたあだ名「プロフェッサーX」が、小粒ですが、ピリリときました。
Posted by E.H エリッコ at 2011年11月05日 09:04
E.H エリッコさん>
 原題を直訳すると「ホラー上司」でしたか!「モンスター上司」だと理不尽な上司の横暴に耐えきれなくなった主人公が最後ブチ切れる映画って印象ですよね。そんな安物じゃない感じのタイトルを工夫して欲しいと思いました。マンガ教室もどうぞよろしくお願いいたします!
Posted by 古泉 at 2011年11月07日 14:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック