2011年11月30日

特別編7深夜喫茶映画館『第7鉱区』

 池袋コミニュティカレッジでマンガの教室を隔週の水曜日に開催していて、夜7時からで終わったあと飲み会があります。プロの漫画家さんである深谷陽さんが受講してくださっていて、飲み会にもきっちり参加してくださって、必ず終電を逃して、深夜バルト9で映画を見ていらっしゃるというではないですか。これは三平に出ていただくチャンスだと、お誘いしました。

 ところが、この日はコンディションが最悪で、映画本編のかなりの時間ずっと寝たりうとうとしたりしていました。せっかくだからオレが見逃したところを深谷さんに解説してもらおうと思ったら深谷さんも後半寝てしまっていたことが判明し、果たしてこんなのラジオとして成立するのだろうかと首を傾げながらも、始発まで時間がたっぷりあるのでとりあえず録音してみました。すると、映画の感想としては話にならないですが、二人の男が寝てしまった映画について、うろ覚えの記憶を搾り出して手探りで話すという世にも奇妙なラジオが完成したんですよ。意外と話が弾んでいてせっかくなので発表します。



 韓国怪獣映画『第7鉱区』ですが、実際問題、起きていても首を傾げるようなところがけっこう山盛りな映画だったのではないかという結論に達しました。大傑作『グエムル』には遠く及んでいないと思いますが、寝ていた人間が言うのもなんだけどエネルギッシュで面白い映画だったんじゃないかな。真面目に見るのはしんどいかもしれません。

 そんな申し訳ない事態に誘ってしまった深谷陽さんは最近マンガ単行本を出版されました。『鉄男 THE BULLET MAN』という塚本晋也監督の映画作品のコミカライズです。そんなマンガや塚本監督とのご関係のお話もしていただいておりますよ。



 今回の音楽はいつもお世話になっている32方位さんの『スクールデイズ』です。のんびりした口笛がとても印象的な曲です。どうもありがとうございます!

 とにかく今回は変な内容なので怒らないでくださいね!
posted by 古泉智浩 at 13:06| Comment(4) | TrackBack(0) | 特別編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
阪神ジュベナイルフィリーズ 最新情報をもとにオッズに惑わされない独自の予想法で万馬券を掴みとれ!競馬歴の長い人も必見の誰もが驚く枠馬を大公開!
Posted by 阪神ジュベナイルフィリーズ at 2011年12月04日 21:40
Posted by マサル at 2011年12月04日 21:59
たまにはメジャーな作品もお願いします
地方在住なので…
タンタンの冒険とかマネーボールとか…
Posted by マサル at 2011年12月04日 22:02
マサルさん>
 確かに変な偏りがありますね。『マネーボール』は妻と見てしまって、『タンタンの冒険』は見る予定がなかったです。『リアル・スティール』は三平で予定してますよ!
Posted by 古泉 at 2011年12月06日 02:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック