2011年12月20日

三平第12回『リアル・スティール』

 『リアル・スティール』というヒュー・ジャックマン主演のロボットアクション映画を新宿ピカデリーで見ました。平日の2時くらいの回でしたが、とても混んでいましたよ。

 今回は川崎タカオさんに加えて、なんと特別ゲスト見ル野栄司さん!見ル野さんは『シブすぎ技術に男泣き!』『工場虫』という工場マンガが30万部の大ベストセラーになるなど、その機械技術に対する深い造詣をお持ちのマンガ家です。なんとホリエモンと対談するほどのセレブマンガ家でもあります。なのでロボット解説をぜひにと今回お誘いしました。見ル野さんの出演は大体10分辺りからです。それまではいつもの三平です。



 いつものように30分くらいで話し終えたつもりだったのですが、見ル野さんがかなり手加減して機械について解説をしていたとの告白があり、急遽ロボット解説の特別編も録音しました。それはまた後ほど編集してUPしますね! お楽しみに! 

 さて、ここまでの過去6回のうち4本の映画でオレは寝てしまったのですが、今回の『リアルスティール』でも寝てしまいました。これは仕方がないんですよ。モンスターハンター3Gが発売になってしまった以上、どこか生活に歪みが生じてしまうのは本当に仕方のない事です。オレの分も川崎タカオさんや見ル野栄司さんがしっかり見てくださっております……とは言え本当にごめんなさい! コンディションの調整に対する意識が低かったことは否めません。来年はこんなことのないようにしっかりやります! 7分の5の頻度で寝てしまっているなんてあり得ない!映画ファンとしてものを言う資格が問われる事態です。そのくせ随分偉そうに話してしまっております。






posted by 古泉智浩 at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 三平映画館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック