2012年02月22日

特別編17渋谷金の蔵映画館『タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら』

 こんにちは、マンガ家の古泉智浩です。今回の映画『タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら』はサンプルDVDを頂いて自宅で見たのを、改めて川崎タカオさんとヒューマントラストシネマ渋谷で見ました。なので本当は初見で三平で取り上げたかったのですが、そういうわけには行かず、特別編として渋谷の金の蔵で録音しました。



 特別編なので言いますが、これはとても面白い映画です。ぜひ映画を見てからこの感想ラジオをお聴きいただきたいです。三平だったらどれだけ美味しいのを食べられたか、昭和のプレート以下には下げられないだろうと思います。この映画を見る前に、菱沼監督とオレとで川崎さんのハードルをぐいぐい突き上げていたのですが、それをひらりと飛び越えるほどだったそうですよ。

 こうして特別編が17にもなって本家三平映画館がまだ14回というのはとてもよくないです。それというのも、三平レストランがレイトショーの時間だと閉店していたり、年間ベストや上半期、下半期ベストが複数回に及んでいるせいもあるのですが、非常にバランスが悪いです。でないとこの企画自体がただの感想ラジオじゃないかとグラグラするわけですよ。今後は三平に力を入れていきますよ!

 音楽は笹口騒音ハーモニカ『サマーロング』という映画のテーマにちょっと近いかな〜と思った曲をチョイスしました。とても素敵な歌でアルバム『おんがくのじかん』に収録されております!
posted by 古泉智浩 at 02:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック