2013年01月03日

特別編30 2012下半期ベストテン3

 今回はベストテンに惜しくも入れられなかった映画についてと、去年初めて見たけど過去の名作でビックリした映画、鮪オーケストラさんの去年最も印象深かった映画を発表します。



 さて、またかよ!と言われそうですが、2012年映画ベストテンの公開収録が決定しました。川崎タカオさんと古泉はこの調子ですでに上半期、下半期で見た面白いのは発表していますので、我々の解説などは薄めにしてスペシャルゲストのベストテンを中心にお送りします! ゲストは菱沼康介監督と城定秀夫監督です。菱沼監督は目いっぱい映画見てますので多分早く発表したくてうずうずしている事でしょう。城定監督はあんまり見なかったそうで、日本映画ベストテンを発表してくださるそうです。日本映画に携わる監督が日本映画のベストテンを発表してくださるとは非常に興味深いですね!

1月5日(土)夜8時より
阿佐ヶ谷よるのひるね
出演:川崎タカオ、古泉智浩
スペシャルゲスト:菱沼康介監督 城定秀夫監督

 よるひるのマスターの門田さんのご好意で、公開収録ですが、通常の飲食のみでご入場いただけます。リスナーの皆様で、ご自身のベストテンも発表したいといった方もぜひいらしてくださいね!

 今年もどうぞ三平映画館をよろしくお願いいたします!
posted by 古泉智浩 at 06:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 特別編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
2012年の僕のベスト三平映画館は「シェイム」の回でした。
古泉さんの人生観を織り交ぜての評論は時に心に突き刺さります。
エンターテイメントとしてシネマハスラーは面白いですが 心に響くのは三平映画館です。
今年も楽しみに聞かさせて頂きます。
Posted by マサル at 2013年01月06日 11:40
マサルさん>
 お聴きいただきどうもありがとうございます。いえいえ、みっともない話をしてしまい非常に恐縮ですが、『シェイム』は本当に衝撃を受けて、『kaminoge』という格闘技・プロレス雑誌のコラムにも同じような感じでテーマにしてしまうほどでしたよ! 今年もどうぞよろしくお願いいたします!
Posted by 古泉 at 2013年01月07日 06:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック