2014年09月29日

特別編39 2014カナザワ映画祭B

 カナザワ映画祭2014の続き、最終回です。



 カセット館の後藤さんと古泉智浩で9月14日の後半、キューブリックの『フルメタルジャケット』『シャイニング』爆音上映と15日の『ワイルド・アット・ハート』爆音上映、トークイベント映画の生体解剖×映画術について話しております。

 映画祭はその後も『イレイザーヘッド』『ロスト・ハイウェイ』と続くのですが、それは二人ともパスしてしまいました。

 振り返ると2011年から三平映画館ではレポートしています。カナザワ映画祭は2008年から、両足骨折した2010年以外は毎年通ってます。今年で6回目でした。初めてサポーターに申し込んだらすごくよかったので、みなさんも申し込んだ方がいいと思います。映画の間にゆっくりトイレとコンビニが済ませられました。映画祭の会場に近いコンビニがサンクスで、ホテルの近くのコンビニもサンクス、帰りの高速道路の前に寄ったのもサンクスで、オレの金沢の印象はサンクスばっかりで、特に観光もせず、イングレスで名所めぐりをちょっとしたくらいでした。だけどオレには映画がある、それでいいじゃないか、そもそもそれが目的だったのだし、ただフェイスブックで高橋ヨシキさんや柳下毅一郎さんがおいしそうな寿司屋に行っているのをみたらかなり羨ましかった。聞けばみんな映画と金沢をバランスよく楽しんでる。帰りに港で釣りでもして魚を持って帰ればよかったです。小魚しか釣れなかったらそれはそれで虚しそう。

 そういうわけでまた来年も絶対に足を運ぶ予定です。カナザワ映画祭、長々とお聞き下さった皆様、ありがとうございました!
posted by 古泉智浩 at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック