2017年07月30日

特別編58 2017上半期映画ベストテン@

 7月25日に阿佐ヶ谷よるのひるねで、ファミレス映画館恒例の上半期ベストテンの公開収録をしました。前編として10位から6位までをお送りします。後編も近日中にお送りします!



出演
菱沼康介(映画監督)
後藤健児(カセット館)
古泉智浩(漫画家)


・菱沼康介の2017の上半期ベスト10
1『マンチェスター・バイ・ザ・シー』(ケネス・ロナーガン)
2『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』(ギャヴィン・フッド)
3『哭声/コクソン』(ナ・ホンジン)
4『ムーンライト』(バリー・ジェンキンズ)
5『わたしは、ダニエル・ブレイク』(ケン・ローチ)
6『人生タクシー』(ファジャル・パナヒ)
7『セールスマン』(アスガー・ファルハディ)
8『ハードコア』( イリヤ・ナイシュラー)
9『おとなの事情』(パオロ・ジェノヴェーゼ)
10『トンネル 闇に鎖(とざ)された男』(キム・ソンフン)
 
次点
『メッセージ』(ドゥニ・ヴィルヌーブ)
『ラビング 愛という名前のふたり』(ジェフ・ニコルズ)

・後藤健児の2017上半期ベストテン
1位:『静かなる叫び』
2位:『エル ELLE』
3位:『ブラッド・ファーザー』
4位:『リベンジ・リスト』
5位:『カントリー・サンデー/​皆殺しの讃美歌』
6位:『ケイト・プレイズ・クリスティーン』
7位:『メッセージ』
8位:『バーフバリ 伝説誕生』
9位:『バレー・オブ・バイオレンス』
10位:『食べられる男』
posted by 古泉智浩 at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック